2008年02月15日

どういうわけだか

どういうわけだか「コレリ大尉のマンドリン」と「どつかれてアンダルシア」が頭の中で混同されている。

2008年01月27日

気付きにくい似た者

ラサール石井と、コブクロの小さい方は似ている。

2007年12月20日

鍾馗

 さっき広辞苑をめくっていて偶然知ったこと。
官吏になるため科挙を受験したが落第し、そのことを恥じて宮中で自殺した。
 鍾馗様と自殺というイメージが結びつかないが、つまり「恥」による自殺というのはそういうものなのかなあ、などと思う。この場合は自殺ではなく自決というべきか。

 引用されている画像は、中国語版の方がかっこいい。と思ったら英語版には芳年の絵が。

パックリ(R)

 そういえば最近放映されている「ヒビケア」という薬のCMがひどいと思っているのでした。
 「繰り返すパックリ割れに」とかいうやつ。手指の皮がパックリ割れて血まみれになってるおばちゃんが「パックリ〜」とか言うやつ。
 あれ、みんな平気なのだろうか。僕としては既にトラウマになってるんだけど。
 昨夜は池田模範堂に電話して「CMやめろとは言わないが、ああいうのは今後勘弁していただけないでしょうか」と伝えようかと思った。それくらいイヤ。不快というか怖い、いや怖いというか痛い。もう見るだけで痛い。
 僕にとってはスプラッタ映画よりも痛いし怖いCM。

 というか皆さんはアレ、平気なんでしょうか?

↓グロテスクな表現ですので注意してクリックしてください
ヒビケア軟膏「ヒビケア新登場」編 - CMギャラリー - 池田模範堂

 で、「パックリ」に(R)マークが付いてるのにも気になった。

2007年12月13日

ちびまる子よさようなら

アニメ版実写版含め、最近の「ちびまる子ちゃん」の偽善ぶりには吐き気がする。

童貞ブラック

 昔から、缶コーヒーの「ブラック」のCMにはロクなのがないと思う。
 気取ってるけどそれがダサい。
 かっこつけてるけど、それがかっこわるい。

 しかし考えてみれば、です。
 缶コーヒーなんてのは「濃い麦茶」のようなものです。ようはママゴトの延長みたいなもので。
 そういうくだらん飲料を買うに際して「ブラック」を選んでしまうという感覚は、ここからして非常に「ダサい」。

 そういう「間違ったこだわり」を求める人にとって、ああいうダサいCMは「かっこいい」ものなんだろうなあ、とか思います。

 補足:缶コーヒーには「微糖」というのがあるけど、ちっとも「微」じゃないので「もっと微糖」にして欲しいです。でもブラックじゃあ飲めたもんじゃない、と僕は思います。

2007年12月11日

「ニセ科学」改め「東洋科学」

 血液型による性格診断というのはニセ科学だと、まあそういう事になっているわけですが、僕自身はけっこう信じているわけです。
 僕自身が、一般に言われる「B型的な性格」にぴったりと当てはまるわけですね、典型的なB型。
 なので、血液型による性格診断を「ニセ科学」と断じられると、いやいや、少なくとも僕の場合あてはまってるよ、と思う。
 で、こんなのをやってみた。

あなたの血液型当てちゃいま〜す♪

 当然と言えば当然だが、見事に当たった。
 なんとなく「ニセ科学」というのには忍びない気がします。なので僕はこういうのを「東洋科学」と呼ぶことにしました。

2007年12月08日

ラスの人

 本当にどうでも良いことですが、私は自分を客体化するとき「ラスの人」と言います。
 ラスティーとかリスティーとか誤読されることが多いので。なんで自分まで誤読に荷担するのかというと、それがつまり客体化なのだと思う。そんだけ。

2007年11月22日

住所不定無職低収入

 細野晴臣の曲に「住所不定無職低収入」というのがあるのだけど。
 住所不定は良いとして、「無職」で「低収入」というのはどういうことだろう、とふと思った。
 無職なら「無収入」だろう。

HOSONO HOUSE
HOSONO HOUSE

2007年11月12日

シズラー

ファミリーレストランの「シズラー」って、直訳すると「ジュルジュルする人」?

2007年10月23日

絵なんか買うなバカ

 テレ東で芸術市場の話やってるんだけど。
 奈良美智も村上隆もいらねー。
 あんな絵、買うなよ。
 あんな鬱陶しくてやかましい絵、うちに飾りたくない。
 村上隆のDOBは好きだけど、SUPER FLAT MUSEUMで十分。あれ以上大きいと鬱陶しいだけ。

 で、あえて提言するんだけど。

 みんな、自分の家に飾る絵くらい、自分で描けよ!

 とりあえず絵の具を買ってきて、自分の家の居間にどんな絵があったらいいかを考えて、描いてみる。具体でも抽象でも良いけど、とりあえず抽象が良いと思う。なんでって、まず「色」から入った方が分かりやすいから。具体画だと色の制約が多い。

 とにかく、絵なんか買うな、バカ!

 で、ちょっと考えて、僕自身が買っても良いな、自分の家に飾りたいな、と思うのは夜の絵。横尾忠則のY字路か、ゴッホの「夜のカフェテラス」。あと、絵ではないけど銀座Sのトイレに飾ってあったガラスのオブジェは、ちょっと欲しいな、と思う。

2007年10月09日

DT

、   
┐首  イ口
┴── 木王


こんなの書いて遊ぶと、わりと楽しい。
アスキーアートはあまり好きじゃないが、タイポグラフィーっぽいと楽しくなる。

2007年10月05日

正月

NIKKEI NET(日経ネット):新製品ニュース−帝国ホテル、お正月プラン発売・1室100万円超も
 計算してみれば一人一泊20万しないので無茶に高くはないが、しかしこういうバブリーな取り上げられ方をすると、名門ホテルの名前にむしろ傷が付くんじゃないかと思った。だって下品にしか見えないもの。
 だいいち、正月を東京のホテルで過ごす、というのはどうも優雅でない。

 では、正月をどう過ごすのが贅沢なのだろうか。と考えてみた。まず海外へ行く、というのは全くのハズレであって、正月を海外で過ごすというのは日本人としてどうかしていると思う。
 いろいろ考えてはみたが、やはり京都か奈良の、その郊外にあるような料理旅館でゆっくりする、というのが僕の考える贅沢な正月であった。
 あまりにも普通で申し訳ない。

 しかしやはり自宅か実家で過ごす正月というのが本筋であって、「ゆく年くる年」を見たあと、風呂につかると換気扇の向こうから除夜の鐘が聞こえる、というのが僕の好きなシチュエーションです。

2007年09月29日

2007年09月22日

「しんにょう」の上手な書き方

はてなブックマーク - ブログちゃんねる:「しんにょう」が上手く書けません
 で、結局どうやったら「しんにょう」がうまく書けるのか!?
 たしかに、子供の頃、どうやって書けばいいのだろうかと一瞬迷ったのだけれど。
 僕がしんにょうをマスターした書き方を紹介します。

「しんにょうは、テンテンで書け!」

 子供の頃ってこういう「なんか微妙に曲がりくねった曲線」というのは覚えにくいし描きにくいのですが、テンテンと覚えれば書きやすい。

 言葉で言っても分かりにくいので図示します。
しんにょう
 小学生の頃、私はこれで「しんにょう」をマスターしました。

※実際は「て」と「ん」は続けて書いてね。

2007年08月29日

バイバイ

待ち合わせ時間で一喜一憂するのって
 他人の時間は俺の時間、みんな俺のことが大好き、とか思ってるドアホが書いたバカ丸出し文章を読みながら思った。
 待たされる人間は、時間が過ぎたら好きなところに行こう。

(携帯)ゴドー:今、モヤイ像の前についたけど…
(携帯)俺:え、今、紀伊国屋の落語コーナー。
(携帯)ゴドー:落語コーナー来たよ。
(携帯)俺:あー今ダイカンプラザにいるわ。
(携帯)ゴドー:ダイカンプラザ来たけど、何号室?
(携帯)俺:日比谷バーで飲んでるとこ。締めは何にする?パスタ?焼きそば?

 僕は、時間を守らない人間が大嫌いです。

2007年08月22日

奈良で見かけた手話なギャル

 突然思い出した。
 先日奈良に行って見かけた光景。
 猿沢の池のほとりで、道べたに座っているギャルを見かけた。
 いかにも、なギャル。
 僕は普通のおじさん同様、ギャルには一定の偏見を持っているわけだ。
 しかし見ると彼女は一人ではない。彼女の目の前には、少し年下の男の子がいる。弟だろうか。
 彼に対して、彼女は手でいろいろな仕草を見せている。

 手話だ。

 ギャルと手話、この二つにつながりを感じなかった僕は、なんとなくそれを「いい話だなあ」と思った。しかし、「いい話だ」と思うことこそ、僕の偏見のなせる業なのだ。
 うーん、どうなんだろう。
 とか思ってしばらくして気がついた。あれ、彼女の手の動きは、手話にしてはずいぶん単純で、何かを伝えるような感じではなかった。
 あ、あれは手話なんかではなく、「パラパラの練習」だったのか、と。

車についてる時計

 たまに思うんだけど、なんで車についてる時計ってあんなに見にくいの?小さくてコントラストの弱いデジタル表示で、微妙な角度で付いている。あれはわざと見にくくしているのだろうか?

2007年08月02日

ミックス。

 暑い。クールビズとやらでエアコンの設定温度が変わり、実際問題として仕事が出来ないくらいに暑い。
 以前にも書いたけれど、動物の運動の活発さというのは温度に依存する。低温から高温になるに従って活発になり、程度を越えると動きが鈍化し、死に至る。
 これを僕は子供の頃見た図鑑で知った。蠅を使った実験だった。蠅が死ぬ温度は何度だったろうか、と思って「ハエ&温度」で検索してみた。そこで意外なものに出会った。

ショウジョウバエ・販売リスト

 ハエの通販サイト。

コオロギ・販売リスト

 小動物の餌用のコオロギも売っている。サイズによって単価が違う。サイズもずいぶん細かく分かれている。
 そこで見付けた言葉。
イエコオロギ (ミックス )
 この「ミックス」が可笑しくて可笑しくて、しばらく笑ってしまった。こんな事が可笑しいのも、暑さの所為だろうか。

HITOSI MATUMOTO VISUALBUM Vol. (リンゴ)“約束”

2007年07月29日

理系と文系

 さて、唐沢なをきの言葉に「無学な私立文系」というのがある。
 理系というのは、理系と言うだけで優秀だと思う。

 優れた理系の学者・研究者は、世界を作ることができる。
 しかし、できた世界はロクなものでなかろう。
 しかし、世界を作ることすらできない文系よりは、余程すばらしい。

 この差に気付くことができる理系がいれば、それは希望だと思う。 

2007年07月17日

頓知アンビバレンツ

 ある日、お殿様が一休さんに尋ねました。
「なあ一休、お前は父上と母上の、どちらが好きじゃ?」
 すると一休さんは、そばにいた父上を二つに割ってこう言いました。
「お殿様は、二つに割った父上の、どちらがおいしいと思いますか?」
「くぅ〜、さすが一休、一本とられたわい!」

 というわけで、別人格であるところの父親と母親を、一つの饅頭に例えるというのは、いかに血のつながった子供といえど失礼なのではないかと思った。

参考:第43話「佐々木政談」(元ネタ)

オイディプス王
オイディプス王

ピンポーン、タッキュウ便でーす!

ブランド名の威力が踵の傷に沁みる - 頭ん中

 これを読んで、昔の記憶がよみがえった。

 ある事業所の事務員が荷物の手配を依頼したわけですよ。仕事はすごくきっちりしてる人なんだけど、きつめの女性。
 「じゃあ宅急便で送ってくださいね」と言ったわけだ、その人は。
 で、着荷当日、クレーム電話が来た「宅急便で送ってくださいって言ったのに、西濃運輸で来たじゃないですか!」
 えらい剣幕なわけです。

 いや、あなたの言ってる事はたしかに正しいけどさあ…と思った。

宅急便(たっきゅうびん)とは、ヤマト運輸が提供する宅配便サービスの商標、サービス名である。

2007年06月22日

コシミハルか?

アクセス解析見てたら「愛人&細野さん」で来てる人がいた。

と思ったら山本モナの絡みか。

2007年05月17日

口ロロと書いてクチロロ。

クチロロ
 ビデオ店で見かけたクチロロ。
 ↓本物はこちら。新しいアルバムが出たら買おうと思ってるんだけど、いつになるのか。

2007年05月16日

細かいことが気になる

 先日、テレビドラマ「藤枝梅安」のDVDを借りて見ていたんだけど、その中で藤枝梅安(渡辺謙)が
腎虚して虚し
 と言う。言葉が重なっていて、どうも気持ちが悪かった。間違ってはいないんだろうけど、どうも座りが悪い。我ながらなんでこんな事が気になるんだろう、とか思うけど。

2007年05月10日

2007年05月08日

連絡:ロシニョ(略)休止します。

 ネタ帳的に書いていた「ロシニョール社が作ってます。」を一旦休止します。
 ログは当ブログ(あんたジャージでどこ行くの)に全て移しました。
 主にカテゴリ名が「ネタ〜」となっている物が、元々「ロシニョ(略)」にあったログです。

 gooの方はエクスポート出来ないので当面そのまま放置の予定。

2007年04月19日

嫌いなクルマ 5台

他人の不幸は蜜の味: 好きなクルマ 5台
 という記事を書いたのでついでに。ださいと思う車は数あれど、積極的に嫌い!という車はとりあえず3台。

スズキ・ツイン
 3つの中でもダントツで嫌いな車。「ミキハウス」を思わせる最悪のデザインセンス。

トヨタ・Will Vi
 「カボチャの馬車をイメージしたスタイリング」なんて聞くと寒気がする。このデザインコンセプトを知らないのならいざ知らず「カボチャの馬車」をイメージした車だと分かって乗っている女性は、相当「イタい」と僕は思うのです。

三菱・i
 これは言わば「スマートの公式パクリ自動車」だと認識しているんですが、それを4人乗りにしてしまうのがいかにも貧乏臭い。さらにはこんな特別仕様車まで出すあたり、日本人の悪趣味を晒してるようなものだと思う。

 個性のない車、というのには乗ろうとは思わないけれど嫌いではない。僕が嫌いなのは、こういう「どう?私ってかわいいでしょう?」っていう気色悪い自己表現と、センスの無さ=貧乏臭さが同居しているような車です。

2007年04月17日

タッキーの手品を因数分解してみたよ。

滝沢秀明数字のマジック01 昨日の「HEY!HEY!HEY!」で滝沢秀明が「数字のマジック」というのをやっていて、数字を使ったマジックほど怪しいものはないわけですが、面白かったのでメモ。
 まず16の数字が書いてある紙があって、図2のように一つ数字を選ばせる。そして選んだ数字の上下左右を消す。さらに図3のように、消されていない数字の中からまた一つ選ばせ、前回と同様、上下左右を消す。これを繰り返して四つの数字を選んでもらう(図4)、そしてその四つの数字をかける(この場合、D × F × I × O)と、あらかじめ予言しておいた数字と同じになる、というものです。
 この時点でもうほぼ種はバレバレなわけですが、面白いので因数分解してみると、こういう風になってるんですね。
滝沢秀明数字のマジック02 16のマスには、こういう数字が入っている。これだと、どう選んでもかけた結果の数字は同じになるのですね。なるほど。
 だからどうなんだって事はないんですが。

どちらにも取れる保育園

園児募集
 東梅田あたりの風俗街の片隅で見付けた看板。隣はメイド喫茶の看板。
 この場所柄、そしてこの色合い、そしてこのネーミング、ここが「本当の保育園」なのか、あるいは「大人の保育園」なのか、しばし悩んだ。夜の仕事をするお母さん達が子供を預ける場所、と考えれば合点がいくが、「都市型保育園」というフレーズも、どちらにも取れる感じであります。

 調べてみると子供のための保育園のようですね。

2007年03月28日

murakamitakasinotukiyama

 間違ってローマ字で打ってしまったけどこれでいいや。
 昨日見た変な夢。
 知り合いのある金持ちが、村上隆に依頼して自宅の庭に築山を作る。できた築山は高さ5メートルくらいだろうか、所々に金属の飾りがあり、クリスマスツリーにつけるような電飾がついている。決して趣味の良い物ではない。
 そして、その山ではウーパールーパーが放し飼いになっている。灰色の物、茶色の物、アルビノあわせて4〜5種類のウーパールーパー。
 起きてみて考えるとウーパールーパーは水棲動物だと思うのだけど、どういうわけだか山に放し飼いにしているのだ。いずれにせよ、気味の良い話ではない。

参考:ウーパールーパー - まぼろしチャンネル

2007年02月27日

光塗紙

 たまにカタカナ語を、日本語と勘違いしている人がいるわけです。極端な例では「スケルトン」を「透けとるん」だと思ってる人とか。
 「コート紙」のことを「光塗紙」だと思ってる人も多分いるに違いない。光沢が出るようになんか塗ってあるからコート紙なんだ、と思い込んでいる人って、どこかにいそうだ。

 つい一時間ほど前、ペットボトル「からだ巡茶」のパッケージデザインに感心していました。
 ベースはマット加工なのだけれど、写真や商品名など、目立たせたい部分にだけ光沢を持たせてある。技術もすごいと思うけど、メーカーがどこを強調したいのか、逆に何を切り捨てたのかなんて言うことを考えながら眺めていると飽きないものです。

2007年02月13日

リポタミンC

リポタミンC
 先日偶然発見したリポタミンCの自動販売機。
 謎ジューの古典アイテムですね。

Amazon配達トラブル

 先日、出荷完了メールが来た荷物が届かないと思ったらステイタスが「住所・お受取人が不明です」になっていた。所在地はアマゾンのまま。ただし日本通運の荷物照会では「受付完了」になっている。
 現在問い合わせ中。

 Amazonを使い出して5年以上になるけれど、トラブルは3回のみ。過去の二回はステイタスが「発送済み」になっていたが実は発送されていなかった、逆に未発送状態のまま商品が届いた、というもの。
 5年で3回というのは少ないのですが、問題はその3回がここ3ヶ月ほどに続けて発生しているということです。これは、もしかしたらAmazon側のオペレーションがなんらかの形で変わったせいなのかも知れない。システムの変更があった可能性もある。
 そして、もちろん単純に偶然かも知れない。たまたま僕の注文に関してミスが重なったのかも知れない。
 クレームというのは結局多くの場合「心のトラブル」だったりするわけです。一つ一つのミスは大したこと無いんだけど、それが重なったり、タイミングが悪かったりすることで大きなクレームが起きる。
 で、どういうわけか特定顧客にミスが集中したりする物なんですね。不思議なことに。

2007年01月24日

YouTube - ナムジュンパイク

YouTube - Broadcast Yourself. - NamJunePaik

 ほぼ自分用リンク。イームズなんかよりずっとクールだなあ。
 mixi経由で名前は聞いていたのですが、Tomotubbyさんという方のブログ記事を見て面白そうだと思い、探してみたら素晴らしかった。
・参考:Tomotubby’s Travel Blog 好韓嫌韓・厭鮮

 どうも現代美術っていうのは「五感ではなく理屈で鑑賞する物」という先入観があるのですね。20世紀に最も影響を与えた芸術作品がデュシャンの「泉」だったというのは象徴的だけど、美術から芸術へ、と言う志向が非常にラジカルに出ているというか、もうそういうの、お腹一杯ですよ、というイメージ。
 そういう中で、僕自身、現代美術に対して拒否感があるなあ、と。しかしその中でも「単純に、見て格好いい物・気持ちいい物」っていうのも確かにあるのだなあ、という、そんなことを再認識しました。

2007年01月17日

コルドンブルーとは?(適当メモ)

 コルドンブルー(ルコルドンブルー)は、僕の知る限り次の三つの物を指す。
1.チーズを挟み込んで揚げたカツレツ(参考)
2.マーテル(Martell)が販売しているブランデー
3.フランス料理の学校
 どんな由来があるのだろうと思って調べたのだけれど、よく分からない。
 で、今までなんとなく分かったことのメモ。

・コルドンブルーとはフランス語で「青いリボン」の事。
・これは最高位の勲章を意味し、16世紀フランスのエリート騎士団が青いリボンで十字架をかけていたことに由来する。
・その騎士団は豪華な宴席や浪費で有名になり、「コルドンブルー」という名前で知られるようになった。
・フランス革命後、騎士団自体は無くなったが「コルドンブルー」という言葉は「素晴らしい料理」という意味で残った。

参考:Le Cordon Bleu - Wikipedia, the free encyclopedia
参考:Order of the Holy Spirit - Wikipedia, the free encyclopedia

 というわけで、上記の1.は「騎士団(の宴席)」、2.は「最高位の勲章」、3.は「素晴らしい料理」という、それぞれ別の意味を持つのだろうと思います。
 と、ここまで書いていてこんな記述を発見。
ル・コルドン・ブルーの名称は「青いリボン」に由来します。1578年にフランス王アンリ三世により精霊騎士団が結成されました。騎士は青いリボンで結ばれた十字架の勲章をかけており、騎士団は名だたる美食家で、彼らの晩餐は大変豪華なものであったと伝えられています。
のちにル・コルドン・ブルーは最高の料理、あるいは最高の料理人を指すようになりました。
 あ、これで十分ですね。ただ「青いリボンで結ばれた十字架の勲章をかけており」は「青いリボンで十字架の勲章をかけており」ではないかなあ、と思う。

笑うな

吸血姫(ヴァンパイア)美夕 (10)
吸血姫(ヴァンパイア)美夕 (10)


 少女漫画のコーナーで、この漫画の背表紙を見る度に「笑うな」に見えてしまうのは僕だけでしょうか。

2007年01月16日

「できないこと」は「しない」だけ。

 先日から、携帯電話からmixiへのログインができなくなった。
 ログインしようとすると「サイズが大きすぎて開けない」といったメッセージが出る。随分古い携帯なので、機能的に追いつかないのか。そろそろ705NKに変更したいと思う。
 でも、携帯からmixiって、実は別にどうでも良い事です。できないからって困らない。できなきゃ、しないだけの話だ。
 オフラインでいる時、「あー、こんな時インターネットがあれば」と思うこともあるけど、この時に思う「インターネット」っていうのはwikipediaの事だったりする。
 僕は2ch愛好家ではないので、wikipediaとAmazonがあれば、もうそれ以外のwebコンテンツって実はそんなに「必要」ではない。それ以外に「あれは無くなっちゃ困る」と本気で思えるようなものは無い。このブログにしても、無くなったら無くなったで、大げさに嘆くほどのことではない。

 「できない」ことは「しない」だけ。webはいろんな事をできるようにしてくれたが、そのおかげで僕たちは山ほどの「本当はしなくても良いこと」をしているようにも思う。
 実相寺昭雄の口癖は「生きてるなんて、しょせん死ぬまでの暇つぶし」だったらしいけど、潰すためのヒマを血眼になって探している我々の姿はさぞ滑稽だろう。

2007年01月11日

NHKの受信料のこと

NHK受信料を勝手に免除してくれた

 うちも同じような感じで、いろいろ不祥事があって数ヶ月後、地元のNHKの正社員(と名乗る人)が来て「直近の分だけで良いので払ってください」ということだった。
 「不祥事があったおかげで、集金係の足がお客様の方に向かなくなって…以前の分は私の責任においてチャラにしますので」というようなことを言っていた。僕自身はそこら辺の不祥事はどうでも良いと思っていたので「こういう事に乗じて不払いをする輩が多いんだろうなあ」と同情したものです。
 でも、そういう事例は他にもあるようでここら辺の「言い訳」というか措置方法はある程度マニュアル化されていたんだと思います。

 で、あれから随分たつけれど、それっきりNHKの集金係は二度と来ない。来れば払う気はあるのに、全く来ないのです。
 で、ついでに言ってしまえばそのずっと前から、集金係なんて来たことがないのです。

 これって「不祥事のおかげで」とかいう以前の問題で、単純に集金係の人がさぼってるだけなんじゃないかと思う。僕は特に夜遅いわけでもないし、土日は比較的家にいる方だけれど、今の家に越してきて一度しか集金に来ないってのは、これは異常だと思うのです。
 新聞の集金なんて月初にきちっと来るもんなあ。
 いわゆる「不払い」だけじゃなくて、集金係の職務怠慢による集金漏れなんていうのも、全国的に相当あるんじゃなかろうかと思うのでした。そうなるとNHKは「不払いになった受信料」に加えて「集金係の人件費」もドブに捨てている、ということ。
 しかし、こういう状況って本当に「払った者が損をする」みたいな感じで、良くないと思いますよ、という話。
 あと、来るって言ったからにはちゃんと集金に来てくださいね、という話。

2007年01月09日

料理に現像バット使ってる人います?

(写真の話じゃないです。「現像バット」と書いたのは「粉砕バット」と区別するため)

 料理番組を見ていると、フライの衣を付けたりっていう時、バットを使ってますよね。あれを、実際に使ってる人っているんでしょうか?普通に皿を使えばいいと思うんですが。
 思うに、あれを使ってる人って料理番組を見て「この作業にはバットを使わなければいけないんだ」と思い込んでる人なんじゃないかと。

2006年12月29日

Amazonアソシエイトの規約を再読

kanose アフィリエイト ↓AmazonとGoogle様は金額を公開するの禁止してるので最悪アカウント停止がありうるかと。何が何個売れたまではいいのかなあ
 そんな規約あったっけ?と思ってAmazonアソシエイト・プログラム運営規約を再読。
 しかし「売上金額や収入金額の公開」を明確に禁じているような内容は、僕には見付けられなかった。強いて言えば「2. 乙のサイトのリンク」の最後近くにあるここかなあ。
(e) 規約の有効期間のみならず本規約終了後においても、あらゆるコンテンツ、並びにプログラムへの参加及び活動または本規約に関連して乙が知り得た一切の情報について、販売、再頒布、サブライセンス化または譲渡したり、方法の如何にかかわらず第三者に対し開示したりしてはいけません。
 「プログラムへの参加及び活動または本規約に関連して乙が知り得た一切の情報」って全部含まれますからね。例えば、上記のように規約の一部を引用することもそれにあたるといえばあたるわけで。

 うーん、どうなんだろうか。詳しい方がいたら教えてください。

補足:以前あった「グレードアッププラン」というのでは、明確に禁止されていた模様。今、このプランは「パフォーマンスプラン」に該当するようですが、パフォーマンスプラン採用に際してそのような追加契約は無い(私が記憶する限りにおいて、だけど)
おれはおまえのパパじゃない - [メモ] 重要な情報

再度補足(追記):kanoseさんより再度コメント頂きました。kanoseさんが書いていたのはやはり「グレードアッププラン」の規約だったようです。
現行の規約違反になるかはちょっとよく分からない。記事は削除・修正せず、そのまま様子を見ようかと思います。

2006年12月21日

知らなかったよ、おプニさん。

 Sleipnir(2.48)で、タブが表示されている右の部分でホイールクリックすると「さっき閉じたページ」が表示されるんだね。知らなかった。

2006年12月15日

スチャダラパAA

:-p

で思いついた。

q:->
q:->
q:->

トリオ・ザ・キャップス。

ポテン・ヒッツ〜シングル・コレクション
ポテン・ヒッツ〜シングル・コレクション

2006年12月04日

転載について、繰り返しますが。

 転載について書くのが流行りらしいので、一応昔からサイドバーに書いているのですが繰り返しておきます。

 転載について:私が書いた文章はすべて転載自由ですが、出典の明記およびリンクをお願いします。

 そういうことです。しかしだからといって「転載だけでできたブログ記事」を支持する気は毛頭無くて、そういうのはブロガーの品位の問題だと思うわけですが。
 僕自身もそういう形で安易に転載されたことがあるわけですが、出典元が明記されている限りは文句を言いません。「アホか」とは思うけど。web上の情報というのは、良くも悪くもそういうものだという意識があるからです。文字情報でも映像でも、そのほとんどが簡単にコピーできるような世界なのだ、という認識。
 他人の文章をパクろうとは思わないけれど、自分の文章がパクられるのを止めるのは無理だろうなあ、無理なものは禁止しても仕方ないなあ、という。

2006年11月30日

一番気に入った落書き

unagi.jpg
 学生時代のノートをめくっていて、一番気に入った絵。
 「ぼくはうなぎだ」、これは何なんだろう?思い当たるのは、言語学か何かの授業で、教授が「『ぼくはうなぎだ』と言った場合、自分自身が鰻である、という意味にも取れるし、僕はメニューの中から鰻を撰ぶよ、という風にも取れる」とか、そんなことを言ったんじゃないかな。それでなんとなくこんな絵を描いたのではないかと思う。
 ちなみにこの絵のモデルはいません。

2006年11月29日

アンタッチャブル八一

aidsuyaichi.jpg
 10年ほど前に書いていたノートの落書き。
 会津八一の落款のデザインが人の顔に見えるね、という事なんだけど、なぜその人が「あわびっかいでめしょくってえんのしたへかっこめ!」と言っているのか、なぜギャングの格好でマシンガンをぶっ放してるのか、今となっては僕にも分かりません。

※あわびっかいでめしょくってえんのしたへかっこめ=鮑貝で飯を食って縁の下へ駆け込め

2006年11月28日

11/28あの日あの時

■2004/11/28のわたくし
11/28日記(渋谷東急ハンズHTBコーナー)
 停滞する日常。

■2005/11/28のわたくし
11/26-27日記(スパゲティーをめぐる週末)
 同じく停滞する日常。

 それはそうと、昨夜、学生時代に戯れにつけていたノートを眺めていて思いついたんだけど「1996/11/28のわたくし」なんていうネタも書けるのです。読み返していて、あまりに恥ずかしかったので躊躇していますが。
 何が恥ずかしいって、当時の僕が考えていることと、今の僕がブログに書いている事というのはほとんど同じなのです。あまりに成長がない自分に愕然としました。そんな感じで迷っていますが、気が向いたらやってみようかと思います。

2006年11月27日

不整合

 数日前までは書くのがめんどくさかったのだけれど、今は書きたいことがありすぎて書けない。あと仕事が異様に忙しい。

2006年11月13日

かわいそうなかば

『ドリームカー復刻プロジェクト』 発足のご案内
『カバ車』が復刻しました

 初代カバ車の画像が実に素晴らしくて感動したんだけど、少し気になることが。
「カバ子」と名づけられた本物のカバ(現在は「デカ」と名前を変え、日本最高齢のメスのカバとして、石川県・能美市のいしかわ動物園で元気に暮らしています)を連れた全国キャンペーンへ繋がり大成功を収めました。
 昔の名前が「カバ子」という安直な物で、改名したのは良いけれど次の名前が「デカ」って、そりゃああまりに投げやりな名前じゃないか…。
 仮にも「女の子」に付ける名前として、もうちょっと考えてあげればいいのに…と少し思いました。

えっけんさんがかっこよくなったら。

The blogger 4merly Known As Ekken

だと思う。

しかし、なんというか想像できない感じ。

・参考:Prince (musician) - Wikipedia, the free encyclopedia
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。