2006年03月15日

ことのは問題メモ

・いわゆる擁護派には「自己の振り返り」が足りないように思う
・「私が好きな松永さんが、過去に宗教に入っていたって問題ない」という思考、そういう物を感じる

・松永さんが、最初から「元オウム信者」を公言していたら、彼に対する信用や、評価はどうだったか
・本当に「過去は関係ない」と、思っているのか
・経済学の学者が盗撮をすること、言論人が宗教にはいること、どちらが重いか

・私に関して言えば、
・そもそも私は「オウム真理教が悪い宗教だったのかどうか」に答えを出せない
・人を殺したから悪い、という答えは正しい。しかし正しいだけに薄い答えだと思う

・元オウム信者であることを知って、多分、僕の松永さんに対する評価は上がった
・(前提:私は彼の書いた物をほとんど読まないし、彼に対する評価はほとんどしていなかった。長い文章ばかり書く人だな、という程度。たまに読んで「ふーん」と思う程度)
・僕がオウム信者に抱くイメージ「真面目で、使命感があって、頭が良い人」
・自分や社会について真剣に考えていなければ、新興宗教、特にオウムのように攻撃される宗教には入らないだろう、と思う
・オウムに対するイメージは「実践的で、社会の革命を目指していた宗教」で、そこには強い使命感が存在していたのだろうと思う
・さらに「高学歴」、考えてみれば幹部だけなのかも知れないけど、頭のいい若い人の集団、という印象
・そういうことから、評価が上がった。

・また、松永さんの思想の背景として大事だと思う。多分、今の彼の中でも「オウムの思想において、これは優れた点だ」と思い続けている要素があるんだろうな、とか思う
・そういうのは少し読んでみたいなあ、とか

・ただ、それを書くと「まだ信者だ」みたいになるから書けないよなあ
・思想の自由、言論の自由って、あるようでないようなものだなあ

・むしろ「女子十二楽坊が好き」っていう方が、僕にとってはマイナスポイントだったりする
・うーん、これはどうでもいい話のようで、そうでもない。でも、それはブログ論の話になると思うのでここには書かない

・参考(失礼かとは思いつつ、TB飛ばします)
J Blog: 松永氏のカミングアウトに対する反応のクリップ
betatics: キーワード : 気持ち悪い
・上記2記事は偏向とか、ぺらいとか非難されているけど、果たしてそうなのか
・僕には、擁護派の思考の方が「ぺらく」見えるのだった

・結果として僕も「擁護派」というか「肯定派」という感じの意見になったのだけど
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年01月12日

はてなダイアリーとYahoo!ブログ

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://www.technorati.jp/talk/top100.html

 以前から思ってたんだけど、はてなとYahoo!には奇妙な類似性があるように思う。
 ユーザーを比較すると真逆なイメージで、ユーザー同士は相容れない感じだけれど、でも構造というのか、サービスの姿勢、じゃないな囲い込みの仕方、でもないかな、でもなんか似ている。

 何か気付いたら記事にするかも知れない。
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。