2008年05月10日

ピボットテーブルをデータベースとして使用可能にするマクロ

 エクセルを使う人向けに、わりと便利なんじゃないかと思うVBAソース。
 ピボットテーブルで一旦まとめたデータを再度加工したい場合に使うマクロ。

 たとえばピボットでデータを抽出して、それをデータベースにしてSUMIFなりVLOOKUPでもういちど集計・参照したい。
 しかし、ピボットでデータ集計してしまうと、データ項目が全行に表示されない。そのため、SUMIFやVLOOKUPで集計・参照が出来ないわけです。
 
 そこで、簡単にデータ項目を全行埋めるマクロを作りました。項目列の一番上(項目名が表示されているセル)をアクティブにしてマクロを実行するだけです。
Sub pivotdatafill()
 
'開始処理
Application.ScreenUpdating = False
 
'変数の定義
Dim copytxt As String 'コピー値格納用
Dim copyformat As String 'セル書式格納用
 
Dim startrownum As Long '開始行番号
Dim columnnum As Integer '処理対象の列番号
 
Dim i As Long 'ForNext文用
Dim j As Integer 'ForNext文用
 
'開始セル位置・行番号の取得
startrownum = ActiveCell.Row
columnnum = ActiveCell.Column
 
'データコピー(開始行番号から最終行番号まで)

For i = startrownum To 65536

'最終列(256列目)までをチェックし、すべて空白の場合処理を終了する
For j = 1 To 256

If Cells(i, j) <> "" Then
Exit For
ElseIf j = 256 Then
Application.ScreenUpdating = True
Exit Sub
End If
Next

If Cells(i, columnnum).Value = "" Then
Cells(i, columnnum).NumberFormatLocal = copyformat
Cells(i, columnnum).Value = copytxt
Else
copyformat = Cells(i, columnnum).NumberFormatLocal
copytxt = Cells(i, columnnum).Value
End If

Next
 
'終了処理
Application.ScreenUpdating = True
 
End Sub
 256列全部参照しますが、そんなに遅くはありません。1000行で1、2秒とかそんなもんでしょう。
 1行ずつNumberFormatLocalをコピーするのは無駄のような気もしますので、そこはForNextの前に出してやるか、削っても良いと思います。
 Excel2007を使っている人は65536行・256列のくだりを変えればいいと思います。
この記事へのコメント
自分で作って使っていたのよりとても速いので、良いです^^
やっぱりこの需要ありますよね
Posted by エムエム at 2008年05月15日 12:35
■エムエムさま
 使って頂いてうれしいです。
 エクセルをそこまで使う人って少数派だと思うので、この需要がどれほどあるのかは疑問なんですが。
Posted by LSTY at 2008年06月23日 10:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96234502
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。