2008年02月03日

老兵は死なず

 萩本欽一が大嫌いだ。
 坂上二郎には良いイメージを持っている。

 面白いことを言えなくなったコメディアンは、ただ黙るしかないのだ。しかし恐ろしいのは、自分もこのようになるのではないかということだったりする。
 世の中には「若いこと」を至上の価値のように語る馬鹿がいる。そして同時に「老いる」ことに過剰な価値を見いだす馬鹿もいる。どちらも馬鹿であることに違いはない。若い馬鹿と老いた馬鹿、後者の方がよほどタチが悪い。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/82246125
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。