2008年01月07日

タブラが聴きたいのだが

 映画「大日本人」のサントラを聴いて以来、タブラが聴きまくりたい。僕は打楽器というのをあまり好まないのだけれど、タブラの低音は良い。あとインド音楽のリズムは非常にスリリングでかっこいい。以前タモリ倶楽部で電子タブラが紹介されていた時、7拍子、13拍子という変拍子の素晴らしさに驚いた。

 というわけでAmazonで検索してみたのだけれど、どうもインド音楽というのはいかんね。ヒーリング、メディテーション、サイキデリックとか、そういうタイトルのCDばかりが並ぶ。
 レビューを見ても「お香を焚きながら楽しんでいます」とか。

 僕は別に「にわか瞑想家」になりたいわけではないので、どうも参考にならない。

 YouTubeで、名奏者とされるザキール・フセインの演奏も聴いたけど、拍をどんだけ細かく打てるかという技巧ばかりが強調されていて、魅力を感じなかった。
 というわけでどのCDを買うべきか思案中。やはりビクターのアレが手堅いかなあ。

大日本人 オリジナル・サウンドトラック
大日本人 オリジナル・サウンドトラック


posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
過去ログ