2007年12月20日

パックリ(R)

 そういえば最近放映されている「ヒビケア」という薬のCMがひどいと思っているのでした。
 「繰り返すパックリ割れに」とかいうやつ。手指の皮がパックリ割れて血まみれになってるおばちゃんが「パックリ〜」とか言うやつ。
 あれ、みんな平気なのだろうか。僕としては既にトラウマになってるんだけど。
 昨夜は池田模範堂に電話して「CMやめろとは言わないが、ああいうのは今後勘弁していただけないでしょうか」と伝えようかと思った。それくらいイヤ。不快というか怖い、いや怖いというか痛い。もう見るだけで痛い。
 僕にとってはスプラッタ映画よりも痛いし怖いCM。

 というか皆さんはアレ、平気なんでしょうか?

↓グロテスクな表現ですので注意してクリックしてください
ヒビケア軟膏「ヒビケア新登場」編 - CMギャラリー - 池田模範堂

 で、「パックリ」に(R)マークが付いてるのにも気になった。
この記事へのコメント
私もあのCMは不快です。 初めて見た時、うわっ!と思いましたから。 痛そうに見せる特殊効果が視聴者に伝わって、制作側は満足なのでしょうけど。
でわでわ。
Posted by たこぽん at 2007年12月20日 14:23
私もあのCMは苦手です。不快というより痛いですね。自分にさかむけができていないのに,どこかむずむずとしてしまいます。
Posted by ゆみぞう at 2007年12月20日 16:20
私もあのCMは苦手です。不快というより痛いですね。
池田模範堂なんですね。何となく小林製薬かと思ってました。
Posted by ゆみぞう at 2007年12月20日 16:20
うわっ! 不快度高いんだ〜。
わたしはあのCM、逆にちょっと安心する。
あの「パックリ」は実際のものと比べて作り物っぽいし、でも「パックリ」いっても「治せるんだなあ、薬局で薬買えるんだなあ」って思うから。
「パックリ」を経験したことある人に対しての訴求効果は高いと思うなあ。
でも不特定多数にお茶の間でいきなりドッキリ、って感じがするのかもしれないですね。
たとえて言えば、胃腸薬の宣伝でゲロ吐いたとこ写して「治るんだ〜」ってやるみたいなことに似てるのかな。
Posted by at 2007年12月21日 13:58
■たこぽんさん
>制作側は満足

 どうでしょうか。僕はあのCM、正視できないのであの特殊メイクがよくできているのか否か、よくわかりません。

■ゆみぞうさん
 小林製薬は、いとようじ。
 とは言いつつ、僕も途中までそうだと思ってました。数年前にやってたおばちゃんが背中をかきむしって「かゆいー!!」っていうのは、小林製薬だったような気がします。あれも痛々しかった。

■Sさん
 僕は「見た目で痛いもの」って駄目なんですよ。で、男っていうのは女性に比べて血に弱いし。
 でもあのCMはアメリカだったらR指定とか受けるんじゃないのか、と本気で思います。バイオハザードなんかよりよっぽど「残酷な描写」だと思います。
Posted by LSTY at 2007年12月25日 17:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
過去ログ