2007年12月15日

CHARA

 CHARA聴いてて。
 曲単位で言えば「タイムマシーン」だね、あれがベスト。
 しかしアルバム単位で言えば二枚目の「SOUL KISS」、あの二枚目、あそこに詰まっている女の心、あのストレートな欲望、ああいうのは今のチャラには歌えないのだろうなあ、とか思う。

 そして、私はあなたのお古になって、どこかの誰かと何度も何度もキスを重ねて、あなたのことが許せる日が来るのかしら(No Primise)

 こういう言葉を紡げる人を、僕は尊敬します、というか、僕はそういう人が好きです。しかし、かようにすばらしいcharaも、結婚を機に「あまり面白くない歌手」になったなあ、という印象。

追記:この歌の「何度も何度も」の部分で彼女の声は震える。恋というのはこういうことだと思う。そりゃ女にとってだけではなく、男にとってもそのようなものだ。


posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽 | このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

日本の男子歌い手にもっと頑張ってほしい件
Excerpt: 音楽を聴くとき、その歌い手が男とか女とか意識しないと思っていた。たとえば、ジョニ・ミッチェルとプリンスはにそれぞれ性の隔てを感じない。まぁ、あの二人はどことなく似ている雰囲気もあるのだけれど。でも、日..
Weblog: 我が名は十庵
Tracked: 2007-12-17 01:12
過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。