2007年11月28日

寡聞にして知らない

 最近いいなあ、と思うのが「私は寡聞にして知らなかったのですが」というフレーズ。
 私は無知ですので知りません、という謙遜を、わざわざ難しい言い回しで表現するイヤミさ加減が非常に良い。
 一度使ってみたいけれど、僕はそこまで堂々とイヤミが出来ない。要は気が小さいのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。