2007年11月08日

多分何を書いても誰かを傷つける

heartbreaking. 「子供が産まれて感動した」「おめでとう!」…がどんだけの男女を無気力にさせているか少しは考えろ
はてなブックマーク - heartbreaking. 「子供が産まれて感動した」「おめでとう!」…がどんだけの男女を無気力にさせているか少しは考えろ
はてなブックマーク - はてなブックマーク - heartbreaking. 「子供が産まれて感動した」「おめでとう!」…がどんだけの男女を無気力にさせているか少しは考えろ
 100文字では書けないと思ったのでここに書く。
 hashigotanという人は随分以前からこういう事を書いていて、僕はそれを認識してはいるが、しかし「hashigotanさんが傷つくから、嫁のことは書かないようにしよう」とは思わない。しかし嫁について書く時に「ああ、この記事をhashigotanさんは読むだろうか、そして読んで怒るのだろうか」とかは、たまに思う。
 ブックマークコメントを見ていて違和感を持ったのは、多くの人が、この人の記事に対して善悪や妥当性の「判断」をしていることだった。この人が求めているのは、そういう事ではないように思う。ブログというのは記事単位で評価されることが多いものなので、それも仕方ないが。
 少なくとも数年という単位でhashigotanという人のブログを読んでいる人は、もう少しこの人のことを考えた方が良いのではないかと思う。えっけんさん、この人のこういう意見に[これはひどい]タグを付けるのは、当然「間違った行為」とは言えないが、人としてはどうかと思いますよ僕は。
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | blog | このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65234792
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。