2007年10月23日

絵なんか買うなバカ

 テレ東で芸術市場の話やってるんだけど。
 奈良美智も村上隆もいらねー。
 あんな絵、買うなよ。
 あんな鬱陶しくてやかましい絵、うちに飾りたくない。
 村上隆のDOBは好きだけど、SUPER FLAT MUSEUMで十分。あれ以上大きいと鬱陶しいだけ。

 で、あえて提言するんだけど。

 みんな、自分の家に飾る絵くらい、自分で描けよ!

 とりあえず絵の具を買ってきて、自分の家の居間にどんな絵があったらいいかを考えて、描いてみる。具体でも抽象でも良いけど、とりあえず抽象が良いと思う。なんでって、まず「色」から入った方が分かりやすいから。具体画だと色の制約が多い。

 とにかく、絵なんか買うな、バカ!

 で、ちょっと考えて、僕自身が買っても良いな、自分の家に飾りたいな、と思うのは夜の絵。横尾忠則のY字路か、ゴッホの「夜のカフェテラス」。あと、絵ではないけど銀座Sのトイレに飾ってあったガラスのオブジェは、ちょっと欲しいな、と思う。


この記事へのコメント
自分ちに飾る絵を、まず自分で描く。それ!それです!

多分、そこが出発点だと思います。
描いて、思い通りにいかない、だから他人に任せてみる。そういうところから、絵を買うことに繋がれば良いと思います。
今の教育は美術の時間が減ってきてるらしいですね。行政でもまず文化費が最初に削られると聞いたことがあります。
大切なのになぁ。
Posted by さとちん at 2007年10月24日 19:00
 そうか、自分で描けば良いのか。とは言え、随分と長い事描いていないし、我が家に在る画材はイーゼル・鉛筆・カーボン・色鉛筆。十分と言えば十分だけれど、水彩が良いな。油彩は日本の気候に合わない気がします。
Posted by doggylife at 2007年10月24日 23:41
■さとちんさん
 うーん、義務教育で教える絵画って具象画じゃないですか。そのせいで絵が嫌いになる人って、相当居ると思うんですよ。なので、授業時間が減った方が、逆に良いのかも。
 美術の先生って、結局「絵がうまい人」がなる職業でしょう、そこがそもそもの問題だと思います。
Posted by LSTY at 2007年10月25日 11:47
■doggylifeさん

>我が家に在る画材はイーゼル・鉛筆・カーボン・色鉛筆。

 十分すぎます。
 doggylifeさんには水墨画をおすすめします。
 硯と墨と、ぺんてるとかから水彩用の毛筆ペン売ってるんで、あれが良いですよ。手軽で。
 毛筆はやわらかすぎて書きにくいんですよ。
Posted by LSTY at 2007年10月25日 12:41
 水墨画ですか。観るには観ますが、自分では扱った事のない画材ですね。上塗りを重ねる描き方ではないでしょうから、物凄く難しそうな気がします。ただ、巧く描こうと思わなければ楽しそうですね。
 毛筆ペンを使うという事はインクですよねえ。墨と混ざるとどんな感じになるのでしょうか。仕上げの強調部分に使うのかな。
Posted by doggylife at 2007年10月25日 21:34
 うーん、逆に授業が一時間でも増えたら自由な授業ができるんじゃないかな、と思うのです。減ると近道しかできなくなるんではないかと。美術の授業が好きな者の偏見ですかね、私の考えは(悩)
 
 
Posted by さとちん at 2007年10月28日 22:48
■doggylifeさま
 説明不足でした。筆ペンじゃなくて、絵筆です。柄の部分に水を溜めて使うタイプの水彩ペン。
 CDTのペンも良いと思ったんですが、実物を見ると意外とちゃちで色も良くなかったので、やめました。
http://www.craftdesigntechnology.co.jp/products/writingtools/brushpen/index.html
Posted by LSTY at 2007年10月31日 15:12
■さとちんさん
 授業時間が増えても、結局「美術史」の時間になるんじゃないでしょうかねえ。高校の時の美術の授業は好きでしたけど、小中学校で「授業内容自体が面白い」と思った記憶がないです。
Posted by LSTY at 2007年10月31日 16:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
過去ログ