2007年10月22日

現状のネットユーザはwebの進化を歓迎しないのではないかという妄想

 ふと思った。
 webが進化する、あるいはインターフェイスが進化するというのはどういうものなのか、具体的には創造しにくい。
 10年後、自分がどういう風にwebと接しているのか、ということを考えると、よく分からない。
 しかし、なんとなく、漠然と思うのは、webが一般社会にもっと浸透し、それこそブラウザなんて要らないくらいに生活にとけ込んできた時、「リアルでは大して人気もないのに、web上では名前が売れているような人」なんていうのは居なくなるのではないか。
 リアルで人気のある人がwebでも人気者になる、というのが、究極のweb社会なんじゃないかという。逆もあろうとは思う。webで得た人気が実社会に及ぶ。それもあるだろうけど、多分、そっちのケースは稀だろう。
 webやらネットワークが究極まで進化すれば、リアルとバーチャルの敷居が無くなる、というのは当たり前のようだけれど、しかしなんとなく思ったのは、現状のネットユーザの多くは、それを望んではいないのではないのかということであって、こういう話は漠然としすぎているし妄想のようだけれど、なんとなくそんなことを思ったのです。


posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(2) | web | このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

[web]このままネットによってオープンな社会になれるんだろうか?
Excerpt: 「あんたジャージでどこ行くの: 現状のネットユーザはwebの進化を歓迎しないのではないかという妄想」を読んで。 webが進化する、あるいはインターフェイスが進化するというのはどういうものなのか、具体..
Weblog: 北の大地から送る物欲日記
Tracked: 2007-10-22 22:54

[ネット]現状のネットユーザはwebの進化を歓迎しないのではないかという妄想 - あんたジャージでどこ行くの
Excerpt:  これから先、ネットとリアルがどんどん融合していくだろうなという予感と、それを歓迎するのかどうかという事について。  私は別の世界のままであって欲しいようにも思うなぁ。インフラとして、当たり前のよう..
Weblog: 明日は明日の風が吹く
Tracked: 2007-10-22 23:16
過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。