2007年10月05日

持っているCDをリッピングするという苦痛であり快い作業。

 熱病のように、iTunesにCDを取り込む日々。

 とにかく今までろくに聞いてなかったCDを流す。そうすると、どの音楽が好きでどれが嫌いか、よく分かってくる。
 僕はやっぱり椎名林檎の一枚目は好き。ブラックじゃないソウル・ミュージックとしては、邦楽・洋楽含めて最高の部類に入る。僕の評価としてはジャニス以上。

 とか

 ビブラストーンでは「宇宙人」が一番好きか。曲の質とメッセージ性を天秤にかけた場合、これが妥当か。

 とか

 鈴木慶一の「君はガンなのだ」は名曲なので、もっとちゃんと発信するべきだ。

 とか

 iTunesのアイコンはダサ過ぎるだろう?

 とか。

 あとKool & the Gangの「ジャンゴー・ボゲー」は、有名すぎてダメだろ、とか思いつつ、しかし名曲だよねええ。
 これ、Pの人がカヴァーしたら最高だ。

 思い出と、思い出じゃない今の感覚が交差して面白いですよ。


posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
過去ログ