2007年10月01日

「物書き」の文章は九割方無価値だ

 さっき「東京人」をパラパラめくってたんだけど、いわゆる「ライター」というか「物書き」が書いた文章というのは本当にひどいね。

 何も書くべき事がないようなくだらない日常を、なんとか金にしようと必死で着飾り、無茶な修辞で原稿を埋めている。

 まあなんと言いますか、オコモさんですよ、無駄に脳みそを使うオコモさん。自由じゃないオコモさん。
 で、笑止でございますが、ブログ批判とかしてるのね。ブログの日本語は美しくない、みたいなことを書いて、無駄にしまおまほの文章を褒めてたりする。なんか言葉尻を捉えるような、こまかーい部分を捉えてしまおまほはすごい!それに比べてブログは何だ!というような事を書いてる。
 なんだろうねえ、ありゃ。

 てめえら、書けることがないんなら黙っとけドアホ。と思うが、彼らにとっては一文字一文字がおまんまっつぶなわけで、そういうのも酷だ。

 しかし、そういうしょうもない人間が書いたクズ原稿に感化されちゃうような若者のことを考えると、やっぱりそういうクズみたいなライターは駆逐するべきだとか思うのだった。

 おまえら、本当に書くべきだと思ったら、本気で書けよ。


この記事へのコメント
「ブロガー」の文章は九割方無価値だ

というタイトルで改変できそうな気がしました。
気がするだけで、やりませんけど。 でわでわ。
Posted by たこぽん at 2007年10月02日 01:22
■たこぽんさん
 昔からよく書いてるんですけど、職業で文章を書いている人というのは「一枚いくら」という世界ですから、枠を埋めるためにどうでもいいことを長く伸ばすんですね、それがプロなんだけど、そこがもうむなしいわけですよ。最悪の場合には書くべき事、筆者が感じたことはゼロなのに延々書いてたりするわけで、それ読まされるつーか買わされる身になれと。
 まあそういうブロガーも居ますが。
Posted by LSTY at 2007年10月02日 08:33
>枠を埋めるためにどうでもいいことを長く伸ばす

編集者から「今回はこーゆーテーマでN字でお願い」と依頼されて、その与えられたテーマが得意分野なら紙面を充実させることができるけど、そうでないなら字数埋め作業になってしまうのでしょうね。

製品レビューで、スタパ齋藤さんのテキストはかなり冗長だと思うのですけれど、さほどストレスなく読めてしまうのは芸の域に達しているからなのかも?
でわでわ。
Posted by たこぽん at 2007年10月04日 12:04
■たこぽんさま
 どうでもいいことをほじくり出して引き延ばすわけですからね、芸がなければつまらない。
 スタパ齋藤の場合は、あの人は本音を書いてるので腹が立たないというのがあると思います。別に物書かなくても生きていける、という人じゃなければ、ああいう風には書けないわけで。
Posted by LSTY at 2007年10月15日 15:28
と思ったら実家は弟が継いでるのか…

そういえば高見映も奥さんが薬屋さんじゃありませんでしたかな?
Posted by LSTY at 2007年10月15日 15:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
過去ログ