2007年07月17日

頓知アンビバレンツ

 ある日、お殿様が一休さんに尋ねました。
「なあ一休、お前は父上と母上の、どちらが好きじゃ?」
 すると一休さんは、そばにいた父上を二つに割ってこう言いました。
「お殿様は、二つに割った父上の、どちらがおいしいと思いますか?」
「くぅ〜、さすが一休、一本とられたわい!」

 というわけで、別人格であるところの父親と母親を、一つの饅頭に例えるというのは、いかに血のつながった子供といえど失礼なのではないかと思った。

参考:第43話「佐々木政談」(元ネタ)

オイディプス王
オイディプス王


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。