2007年06月25日

稚拙なことを書くことについて

 多くの人が誤解してると思うんだけど、僕がブログを書く理由というのは「偉そうにしたい、虚勢を張りたいから」ではないのです。
 ブログを書くというのは、個人の知をweb上に公開する、という大げさに言えば社会貢献なわけでしょう。
 で「自分が知っていることを公開する」というのは「自分の無知を晒す」ことと表裏一体、というよりもイコールなのですよ。後者を恐れる人間にブログを書く資格はない、というか僕はそういう人のブログを読まない。さっき書いた「ヘタこいた」と同じ事だけど。
 と、いうようなことをここのコメントを見て思ったわけですよ。

はてなブックマーク - 他人の不幸は蜜の味: 食べ物と料理に関する「オレ常識」

 ダメだとか浅いとか、独り善がりだとか、そんなこた当人が一番良く分かってるのですよ。でもそれだから、バカにされたらいやだからって言うんで黙ってても仕方ないじゃん、という。webって、あるいはblogってそういうものではないだろう、という。


posted by LSTY | Comment(3) | TrackBack(0) | blog | このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
分かってる人は分かってるし、分かってない人は当事者に言われても理解してくんない気もするんだけど、それでも言葉にするLSTYしをやっぱり尊敬するなあ、ぼくは。
Posted by obacan at 2007年06月26日 00:11
う〜ん、まったくもってキモいなぁ。
なぜだか分からんが、多分腐っているからだろう。
書いた本人はどう思っているか知らないが。
Posted by x at 2007年06月26日 03:47
■obacanさま
 以前にも書いたことがあるのですが、知にはレベルというか階層があるのですね。web上にはそれが一見フラットに並んでいるわけですが、しかし実際問題は階層がある。じゃあ下の階層は要らないんじゃないか、というとそうではないとか思います。
 この記事で書いてました。もう2年前か。

http://lsty.seesaa.net/article/3583633.html
Posted by LSTY at 2007年06月26日 08:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。