2007年02月27日

光塗紙

 たまにカタカナ語を、日本語と勘違いしている人がいるわけです。極端な例では「スケルトン」を「透けとるん」だと思ってる人とか。
 「コート紙」のことを「光塗紙」だと思ってる人も多分いるに違いない。光沢が出るようになんか塗ってあるからコート紙なんだ、と思い込んでいる人って、どこかにいそうだ。

 つい一時間ほど前、ペットボトル「からだ巡茶」のパッケージデザインに感心していました。
 ベースはマット加工なのだけれど、写真や商品名など、目立たせたい部分にだけ光沢を持たせてある。技術もすごいと思うけど、メーカーがどこを強調したいのか、逆に何を切り捨てたのかなんて言うことを考えながら眺めていると飽きないものです。
この記事へのコメント
からだ巡茶をちょうど飲んでいたので確認してみると確かに写真部分が綺麗です。ブログのヘッダー画像にこうゆう処理かけると綺麗かもって思いました。
スーパーでたくさんペットボトルが並んでいても、この「からだ巡茶」のデザインは郡を抜いてセンスがイイのでついつい手が伸びてしまいます。(これだけ六角形でスリムだから、他のお茶の寸胴なダサさが目に付くようになりました。
Posted by hashigotan at 2007年02月27日 18:21
■hashigotanさん
 ブログデザインのことが書いてあったので、思い立って「他人の不幸は蜜の味」のデザインを少し変えました。最近カラフルすぎて違和感を覚えていたので。

 商品パッケージというのは、普段何も考えずに眺めているのですが、実はそこにはメーカーや印刷会社のいろんな思惑があって、それが当たってるにしても外してるにしても、そんなことを考えていると楽しいものです。
Posted by LSTY at 2007年02月28日 14:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34806161
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。