2007年01月12日

中途半端な時期、というか過渡期のテクノ名盤

Vintage R&S, Vol. 2
Vintage R&S, Vol. 2


 最近、車の中でこれを聴いているんですが、やっぱり古いんですよ。69とCJボランドはまだ聴けるんだけど、あとはひどい。ジャム&スプーンの「Stella」も定番過ぎてちょっとキツい。
 当時の、つまり過渡期のテクノの興奮を知るためにはコンピ盤「In Order To Dance」の「5」がおすすめです。2枚組なんで、1500円くらいまでなら結構お買い得だと思って見てみたら、今中古で800円台でした。
 テクノの歴史みたいなのを掘り下げたいと思っている若者にとっては、結構お買い得なんじゃないでしょうか。ちなみにこの中の「storm」っていう曲が確か当時、石野卓球のおすすめ曲だったんですよ。
 同シリーズの「6」はドラムンベースのコンピになっていますが、そっちはあまり良くないです。これ買うのならLTJブケムかロニサイズあたりを買った方が良いかと。

In Order to Dance, Vol. 5
In Order to Dance, Vol. 5


・参考:他人の不幸は蜜の味: テクノ名盤メモ


posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。