2006年11月28日

映画「パプリカ」エンディング曲

 無料配信されている平沢進の「白虎屋の娘」を聴いてつくづく思った。平沢進というのは実に進化のない人だ。再結成前のP-MODELは別にして、ソロ活動以降の平沢は実にワンパターン。「うわ、またこのヒラサワ節か!」というような。
 でもそれで良い。なんかこう、感覚に斬り込んでくるようなメロディー。「テクノポップ界の水戸黄門」というか、ワンパターンが心地良い人。

 そういえば巻上公一が怪しくも楽しそうなイベント「声帯が虹を描く」を開くようです。
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。