2006年11月17日

11/17-19あの日あの時

■2004/11/19のわたくし
 この「良いブログを作るために、こんな逆説を知っておくべきではないのか」というのは、僕が、自分の書いたブログ論の中で一番好きな記事。
更新頻度が高いブログ
話題豊富なブログ
画像いっぱいのブログ

 1日にこれだけの記事をアップしてたんだ、我ながらすごい。この3つの記事というのは言わば「ネタ」であって、あんまりそのまま受け取って欲しくないというか、つまり物事の表裏を書きたかったのです。
ブログは「目的」を持って始めてはいけない。
 最近書いたこの記事も同様。一般的に言われている「ブログとはこうあるべきだ!」という考え方、それは果たして本当に正しいのかとか、反対側から見るとこうも言えるんじゃないか、とか。更に僕がいつも気にするのは「ブロガーとしてはこうだけど、読者から見たら違うんじゃないの?」とか。

■2005/11/17のわたくし
 19日の記事がないので17日のやつ。
一流企業はブログで成功できない(企業ブログ論pt2)
 1年経った今も、こういうのは全然変わっていない。多くの企業は、というかほとんど全ての企業が新聞テレビ週刊誌からwebへ、という変化に対応していない。対応どころか、それがどう違うのかに気付いていないし、もっとひどい場合には、それが違う物だ、ということすら意識していない。
 「分かってるよ、双方向だろ」なんて言う人に限って分かっていない。
 企業の広報とwebについては、ここのコメント欄に書いたことがキーになるんじゃないかな、と思います。
 ジャックレモンが「酒と薔薇の日々」で、ある会社の広報担当者を演じています。彼は「広報ってどんな仕事をするの?」と訊かれ、「会社が何か良いことをした時、それを大々的に発表するのさ」と答える。
 さらに「じゃあ、会社が『悪いこと』をした時にはどうするの?」と訊かれ、彼は困ってしまう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27666033
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。