2006年11月06日

つながりと硬直化

fix.jpg 前の記事に色々な反応があって面白いです。しかし僕自身は最近あまりwebについて考えることがなくて、そんな時にこういう好反応があるのは皮肉。
 で、今まで僕がはてなブックマーク界隈に持っていたマイナスイメージは主に二つあって、それは「情報の偏向」と「馴れ合い」です。
 情報の偏向は、それはそれで仕方ない。はてなブックマークユーザーは、その全てが「webのユーザー」であり「ソーシャルブックマークのユーザー」なわけであって、またその多くが「ブロガー」であることから、そういう最大公約数的な話題への偏りは必然的なものです。
 今回僕が少し思ったのは「無意識の馴れ合い」というか「はてなが人力であるが故の袋小路」というか、そんなようなものです。はてな独自の、情報と情報、あるいは人と人とをつなげる仕組み。あるいは情報と人を紐付きにする仕組みというのか、こういう「つながり」が強くなると、動きの自由度が失われるんじゃないのかなあ、というようなこと。
 人間、個人というのは世界の全てを見られるわけじゃないのだから、あるつながりから情報を得た方が効率が良い。でも、つながりを重視しすぎると入ってくる情報が限られてしまう、そして段々「つながりの外にある情報」を目にする機会が減り、しまいにはそんな物は無いように思えてくる。
 というような、漠然としたこと。
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(1) | web | このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

パッケージ化によるハイブリッド
Excerpt: 人は、いつでも目に見える評価を欲している 〜heartbreaking このエントリにかなり同意した上で、付け加えたコメントの転載。 やがて、ある程度自分の趣味趣向を可視可能にさせた者同士が連携を取..
Weblog: Defying Gravity
Tracked: 2006-12-18 07:21
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。