2006年10月20日

レクサスLSを穿った目で見てみる。

asahi.com:トヨタのレクサスLS受注、セルシオの半分 - ビジネス
 なんとなく思うのは、ヤンキーやチンピラは「セルシオ」に乗りたいのであって「LS」には乗りたくないのではないか、ということで、そうであるならばセルシオの展開終了によって彼らは旧セルシオ・日産グロリアや旧タイプのベンツ・シボレーといった中古車市場に流れるのではないか、と思うのでした。
 つまり、LSは結局トヨタの新車購入を減らすだけだ、と。
 しかし、トヨタの狙いはそんなに浅い物ではないのかも知れない。それによる「ユーザの浄化」というのもマーケティング戦略の一つかも知れないなあ、とも考えられる。トヨタの基幹車であるセルシオのイメージというのはすこぶる悪い。それは一部ユーザの問題であって、それをふるい落とすことは、長期的に見て得策だとも言える。


この記事へのコメント
なんとなくの印象なんですが、愛知のヤンキーなんかはセルシオも新車よりも中古で買うヤツの方が多い気がします。車体を安く買って、ドレスアップにカネをかける、みたいな。
LSも、中古市場に出回ってエアロパーツがそれなりに出そろえば、ヤンキーが乗り回すようになる気も?GSあたりは、すでに下品な社外エアロがリリースされてきているようですし・・・。
Posted by impreza98 at 2006年10月20日 12:49
■impreza98さま
 僕も中古車率が高そうだな、と思います。
 LSって、名前がスマートすぎると思うんですよね。あれは、ヤンキーに支持されない名前なんではないかと。アルファベット二文字にしても、ZとかGとかJとかが入ってないといけないんじゃないか、とか。
Posted by LSTY at 2006年10月23日 09:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。