2006年10月05日

10/5あの日あの時

■2004/10/05のわたくし
二十歳を過ぎた落語入門
 僕が初めて落語に触れたのは確か小学校三年生の頃で、どういうわけか親が買ってくれた柳亭燕路「子ども落語」という本。これが初めてでした。「雑俳」みたいなのが好きでした。中学校くらいになると、親が持っている落語のカセットを借りて、それを聴きながら寝るという毎日。落語を聴きながら寝るという生活習慣は今もそのままです。
 で、大人になって思うのはそういう蓄積の貴重さ。落語によって得た知識というのはかなり膨大なわけです。古い用語や、東西の方言、江戸期の風俗、芝居に関すること等々。こういう事を小学生からずーっと積み上げてゆけたというのは幸運だと思っています。
 では逆に、大人になってから落語を聴き始めるというのはどうなんだろう?と思ったのですね。かなりきついだろうと。例えば、有名だからと言っていきなり志ん生師匠に行っちゃうと、これはもう無理なんじゃないかと。じゃあ、何から聴き始めたら、それなりに楽しめて、さらにディープな落語につなげてゆけるのかなあ、という、そういう視点で書いた記事です。
 志の輔というのは良いと思います。あと志ん朝師匠。この二人から入るのが順当ではないかと。

■2005/10/05のわたくし
企業ブログの限界(続編)
 最後に「どういうブログを運営したら成功するのか?という事について、僕はある考えを持っているのですが」と書いてるんですが、この詳細について、僕は既に忘れています。この時書いておけば良かったな、と悔やまれます。多分、僕はこの当時一番ブログについて考えていたと思うのです。この年の春〜夏頃が、僕がブログについて一生懸命考えていたピークで、それが蓄積されて考えが固まったのがこの秋、という感じ。それ以降は大した事を書いていません。

□2005/10/05のブックマーク
鳩山由紀夫ホームページ
 コメント「[お笑い]鳩山先生のフラッシュ動画アーカイブ。」
 まだ残ってるのがすごい。

東京中日スポーツ:岡村靖幸被告に懲役2年求刑(リンク切れ)
 コメント「[音楽][ドラッグ]Princeの『Pop Life』カバーしてくれ。 」
 そうだなあ。でも多分岡村靖幸って真面目なんだよね、過剰に。だから実社会と自分を断絶できない。それで傷ついてしまうのではないかと思う。


この記事へのコメント
はじめまして。
小3の息子が、図書館で借りてきた柳家花縁を借りてから、落語に興味を持ったようです。次に志ん生を聞かせると、「この人、うまいね」とか知ったような口利いてました(笑)
親の私は落語の知識が皆無なので、困っておりましたが、志の輔、聞かせてみます。
Posted by イッコ at 2006年10月05日 21:41
■イッコさま
 こんにちは。
 小三で志ん生!早熟ですな(笑)
 子供向けと言うことであれば、志の輔の「みどりの窓口」という、これは新作ですが良いかもしれません。
 あとは、故人ですが三代目の三遊亭金馬なんかは、分かりやすい、きちっとした落語をやる人です。この人も、子供の入門編としては良いと思います。
Posted by LSTY at 2006年10月06日 08:37
ご丁寧にお教えいただき、ありがとうございます。さっそくCDを探してみようと思います。

昨日のコメントは、「柳家花縁を借りてから」→「柳家花縁を聞いてから」です。とても緊張して書き込んだので、気が付きませんでした。すみませんでした!!
Posted by イッコ at 2006年10月06日 12:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。