2006年09月06日

「なのだ!」と「なのか?」

奥様、鼻毛が出ておりますことよ - ブログの文章は断定的に書くべきだ

 事実、最近、断定っぽい「なのだ!」系記事が多いように思う。何かというと「調べて書けよ」といちゃもん付けたがる人がいるにもかかわらず「なのだ!」系記事は増えてるんじゃないかな。

 で、ちょうどこの記事を読む前に目にしたのが、

まなめはうす - 2006-09-04 (Mon) 19:29

 ここの下に並んでいる「一年前のニュース」。
 ここに五つの「なのか?」系記事が並んでいたのが印象的。
 当時、多くのブロガーはまだ悩んでたんだと思う。ブログって何だ?とかwebって何だ?とか。でもこの一年で、ブロガーは随分増長してしまった。「俺たちはブログで何をやりたいのだ?」みたいな問いかけをする人は随分減ったように思う。良いことか悪いことか、どちらかと言えば悪いことだろう。

 「なのだ!」と言えない社会は居心地が悪いが、「なのか?」の無い社会はもっと気持ち悪い。


posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(2) | web | このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

なのだ!なのか?
Excerpt: 「なのだ!」と「なのか?」 - あんたジャージでどこ行くの 断定も必要だと思うけど、時には、問いかけも必要なのかな。 なんか分かる気がする。
Weblog: MonoNews
Tracked: 2006-09-06 23:37

断定と衆愚化
Excerpt: まなめはうすさん 私は結果の断定よりも、自分の考えの方が好きだな。「○○は△△である」ではなく、「私は○○だと思う」。大事なのは主語を自分にするということ。「みんな」という主語は一番良くないね。 ま..
Weblog: 奥様、鼻毛が出ておりますことよ
Tracked: 2006-09-07 12:52
過去ログ