2006年07月24日

世界を学校に例えると

2006シャロン首相ってどんな人?
 意外とまともな解説なんじゃないか?と思った。ここまで書いて良いんだ。
 世界を学校に例えると、イスラエルは学校の理事長の息子だ。理事長の息子はパレスチナ君をいじめる。先生はアメリカ。先生は「大人の事情」があるからイスラエル君に注意できない。
 周りの生徒も、いじめに荷担する。いじめはいけない、と思っていようが、そんな事が言えるような空気ではない。
 いずれ、パレスチナ君は転校するか、あるいは死んでしまうかも知れない。その次にいじめられるのは誰だろうか?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21308867
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。