2006年07月18日

馬鹿のための文章術

1.「常識」禁止。
 馬鹿が常識だと思ってる事は、世間では非常識ですので、馬鹿が「こんな事は常識です」と言っても世間様には通用しません。
 そしてまた「それは常識とは言えないですよ」と指摘された時に開き直るのも馬鹿ならでは。
 それもそのはずで、多少なりとも他人の意見に耳を傾けていれば、馬鹿にはなるまいと思うのです。自己批判と反省のない生活の結果、馬鹿ができあがるわけですので、馬鹿はいつまでも馬鹿のままです。

2.嘲笑禁止。
 馬鹿はとかく他人様の事を下に見て嘲笑したがります。馬鹿にしてみれば勝利宣言のつもりなのでしょうが、端から見ると、何を嘲笑しているのか分からず、馬鹿馬鹿しいものです。そればかりでなく、論旨が見えにくくなります。馬鹿の書いた論旨の見えない文章なんて、誰も読みません。
 また「どうでもいいんですけどね」なら話が終わるのに「どうでもいいんですね(苦笑)」では話が終わりません。このように、馬鹿だから論争に勝てるはずもないのに喧嘩を売るのは馬鹿の悪い癖です。

3.「(笑)」禁止。
 上記同様、馬鹿が「面白い」と思う事は世間から見ると全く面白くないわけですし、また、無駄に(笑)が連なっていると何が言いたいのか分からなくなります。馬鹿はこのような記号に頼ることなく、馬鹿らしく地道に文章を書くべきでしょう。

 話がかみ合っていないな、と思ったら「常識」と「笑」を外して、嘲笑(イヤミ)を廃して文章を書けば良いんじゃないか、という話。


この記事へのコメント
オレが心がけてることが間違いじゃないことがわかりました。
ところでいろんなもの外してみましたが、どうでしょう?軽くなりました?
Posted by たかし at 2006年07月20日 12:53
いや、まだ重い。でも、重くてもいろいろあるのが好きな人もいますからね。なんとも言えないわけですが。
Posted by LSTY at 2006年07月20日 15:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「それが普通ですよ」「そうですね。で、普通を目指す人はそれで良いとして、それが何か?」というありがちなネット自尊心バトルのやり取りみたいな
Excerpt: 「頭が悪い人=どんな発言もあてにならない」という大雑把な優越感ゲームに思考を囚われている人は、自分と違う考えを持つ人を罵倒・嘲笑して「ほら、この人はこの部分が頭が悪いよ(だから他の発言も信頼できないよ..
Weblog: void GraphicWizardsLair( void ); //
Tracked: 2006-07-18 15:02

馬鹿のための文章術
Excerpt: ( via void GraphicWizardsLair( void ); ) 最初は 馬鹿を自覚してるひとが文章を書く術 かと思ったんだけど、そうではなくて 馬鹿が書いた文章を読むための術..
Weblog: ヨタの日々
Tracked: 2006-07-18 20:39
過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。