2006年03月17日

ノンテリブロガーの主張

・論壇系ブロガー、インテリブロガー、そのほとんどが嫌いだ。

・何が嫌いって

・彼らもポカをする。感情的に、ヘンテコなことを書いてしまったりする。
・それにツッコミが入った時の、奴らの言い分が嫌いなのだった。
・「そんなことは書いていません」、「誤読だ」、「よく読め」
・本気でそう思っているのであれば、彼らのコミュニケーション能力に欠陥があるのだと思う。
・しかし、彼らは多分、本心では「やっちゃったかな」とか「書きすぎたかな」、「誤解を受けるような事書いたな」とか思ってるんだよ。
・でも、インテリ故にそれを認めない。
・「そんなことは書いていません!よく読んでから反論してね!」である。

・僕は知識もないノンテリブロガーなので、そういう時はごまかしてしまう。
・「そういう意味じゃなかったんだけど、ごめんなさい、エヘヘ」と。

・謝らないインテリってのは、アホにとって一番恐く、始末に負えない存在なのだった。

・Leftyさんの反応を受けて、思い出したので。
■参考:日本人とブログと議論


この記事へのコメント
ここでかいてることって

あれとかこれとか (Lefty):「議論に感情を交えてはいけない」
http://blog.goo.ne.jp/khazad/e/a257b00ea5a52a87b74f5ffaa1eec4ad

で私が書いたことと近いのかも…。
>謝らないインテリってのは、アホにとって一番恐く、始末に負えない存在なのだった。
時々「よく読んでから」反論したりするんですが…そういうのって何倍も体力使いますね…。
Posted by Lefty at 2006年03月17日 12:39
■Leftyさん
 議論って、他人の意見以上に、自分の意見を吟味しなければ発展的な物にならないよなあ、と思います。
 「そんな事は言ってない」じゃなくて「じゃあ、何が言いたかったのか」を知りたいんですけど、そういう風にちゃんと語る人って少ないですね。
 何度も書いてますけど「勝ち負け」を主眼に置いて議論する人とは関わりたくないです。意味ないから。
Posted by LSTY at 2006年03月17日 16:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

長考の不幸
Excerpt: 文章にしなくとも長考してしまったり、ましてや長文にしてアップしてしまったり、なんてことになると、どうしても自己愛というか
Weblog: CONCORDE
Tracked: 2006-03-19 23:26
過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。