2006年02月10日

嘘は言うけどホントだぜ。

 被ブックマーク。タグに[もう読まない]が付いていて軽くショックだったり。

 僕は今まで駄洒落を使った釣りタイトルやら、閉鎖を装った釣り記事を書いてきたのだけど、書いてある気持ちや悩み、愛情や苦しみは、嘘でもなんでもない。冗談やヒッカケは沢山あるけど、しかし嘘は言わない。

 何度か書いているけれど、僕は近田春夫の「嘘は言うけどホントだぜ」という言葉が好き。完全なネタとして言葉を繰り出すほどに、僕は器用ではないし、また、完全に本心を吐露してしまうほどに不器用ではない。
 ここに書いてあることは、僕の「表出した一部分」に過ぎないし、それは常にとても恣意的なものだけれど、しかし、それは「嘘」ではない。

 上記のようなことを書いてしまうこと自体が、すでに無防備な気もするけれど、それくらいの温度が、今の僕にはちょうど良いような気がするのです。


この記事へのコメント
ここで言うのも変なんだけど。
つか、変じゃないのか? いやわからない。
まあ、いいや。

わたしはfaintmemoryさんのコメントは、すごくいいと、思った。
「偽善」って言葉で片づけちゃうのはもったいないのに、って思った。

>内面の吐露を装って、しかし、その奥では、その記事に集まるであろうコメントやブックマーク、あるいは慈しみの言葉を想定している。

引っかかったのは、ここかな、と。
これは、自虐的な客観視の一種、と思うんですけどね。
オマエがやってることなんて、こうだよ、と自分で自分を虐める、みたいな。
そうやって、オノレを見つけようとしている、みたいな。

と、とったんだけどね、ワタクシ。
「ほっほっほ」という感じだった。

「釣りかよ」って怒ってもいいんだけど、「偽善」って自分の言葉を否定したら、もったいないのに。
そのくらい、いいコメントだったのに。
って思ったんだけどな。
Posted by Sぽん at 2006年02月10日 16:20
■Sぽんさん
 今度は「ぽん」か…。

 朝日新聞が広告で使っている「言葉を信じたい」みたいな台詞にはもうウンザリしているのです。言葉をスポイルし続けたアホが、よくもまあそんなことを言うな、と。

 言葉の、表現の裏には必ずなんらかの気持ちがある。より多くの人の目にさらされる言葉の裏には、多分、邪念がある。
 読まれることを前提として文章を書くというのが少し自分の中で気持ち悪くなってきています。

 あのコメントは、単純に嬉しかったのですけどね。
Posted by LSTY at 2006年02月13日 10:10
っしゃ〜。
「邪念」成功。
「多くの人」は意識しなかった、たった1人にだけ有効ならよかった「邪念」、成功。

>あのコメントは、単純に嬉しかったのですけどね。

コレ、しょっぱなで言っちゃうのは、LSTYキャラとして、「違う」。
でも、本人がコレ、言わないと、ダメ。
しかも、「邪念」抜き、または最小のタイミングで。

ってことで、引き出し、という「邪念」。
成功。
ガッツポーズ!
Posted by Sっち at 2006年02月13日 14:38
おっと、いけねえ。

「意図はあったが、ホントだぜ」。
Posted by Sっち at 2006年02月13日 14:55
■Sさん
 今度は「ち」か。

 faintmemoryさんの二つのコメントについては、もっと色々思うことがあるのです。でもそれを云々するのは失礼だと思うし、なにより答えを出すのではなく、考え続けることが大事な問題だなあ、と思った。
 だから少しだけ書いたのです。
Posted by LSTY at 2006年02月13日 15:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。