2009年05月26日

四国のスキップ仏関連

 はてなブックマークが動かないのでメモ。

 2006年、善通寺での展覧会にて展示された。

善通寺創建1200年祭:「密教のほとけ─曼荼羅・仏像・仏画─」展

 これは大阪のスキップ仏(写真4枚目)四国のものはもっと出来がよい。

艶っぽい仏像たち 熟年ヤングハートフォーラム/ウェブリブログ

 弥谷寺のこの仏(深沙大将)もなかなかのインパクト。

弥谷寺の深沙大将倚像、初めて門外へ―四国新聞社

 地方には、いわゆる「有名な(上手い)仏師」がいなかったから、こういう荒削りな仏像が多かったのだろうか。非常に下手な感じだけれど、面白いと言えば面白い。

上越市 みんなのひろば > ふるさと事典 > 木造不動明王立像(もくぞうふどうみょうおうりゅうぞう)

 これも不動明王としては無理があるような気がする。地方仏の面白さは、伝来ミスによるものもあるのだろう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120250692
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。