2009年05月21日

記憶の底からダルゲマイネ

 何か記憶の端っこに残っている言葉が急に浮かんできて「あれ、あれってなんの意味だったんだろう?」と思うことがある。

 さっきは「ボカチカ」という言葉が急に頭に浮かんできた。検索したら野球選手らしい。どこかで聞いて覚えていたのだろう。

 先日は「ダルゲマイネ」という言葉が頭の中に出てきて、これはweb検索してみても分からなかった。
 「Darge Meine」かと思ってドイツ語の辞書を調べてみても、そんな言葉はないようだ。では「Dar Gemeine」かと思ったら「Gemeine」と言う単語はあった。兵卒を意味するらしい。
 おそらく「der Gemeine=デル・ゲマイネ」を間違えてダルゲマイネと覚えていたのだろう、と一応の決着をみた。
この記事へのコメント
こんにちは。
Gemeineは中性名詞なので、das Gemeineじゃないかと思います。
Posted by Ken at 2009年05月24日 12:00
ダス・ゲマイネって、太宰治の小説にあったような。
誰かが下品な冗談を言ってたのをなぜか覚えております。
Posted by tomotubby at 2009年05月27日 22:56
■Kenさん
 私の持ってる辞書では男性名詞になってました。ちなみにコンサイス独和辞典の5版(1978年)。

■tomotubbyさん
 どう下品になるのかわかりませんが、そういえば「イッヒ・フンバルト・デル・ウンチ」ってのがありました。
Posted by LSTY at 2009年05月30日 23:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119959087
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。