2006年01月19日

レクター博士は僕を殺せるのだろうか?

 映画「羊たちの沈黙」で、レクター博士は隣の独房に収容されていたミグズという男を殺している。
 実際に手を下したわけではない。ミグズを言葉でなじり、自殺させたのだった。

 レクター博士は、同じようにして僕を殺せるのだろうか?
 独房だったからこんな事ができたのではないかと思う。自分の心と、レクター博士の言葉しかない空間だったから、ミグズは自殺に追い込まれたのではないか。
 他の色々な人の言葉とも接することができたなら、ミグズは死ななかったかも知れない。

 僕は、人の言葉に反応する。他人の意見に単純に左右されると言うことはないが、他人の意見は常に僕に刺激を与え、僕の精神は動き続ける。
 普段意固地な分、「この人の言うことは信頼できる」と思ってしまうと、かえって左右されやすいのかも知れない。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。