2009年05月07日

「シーン」という表現について

絶望書店日記 手塚治虫が無音の擬音「シーン」発明はウソ

絶望書店日記 手塚治虫が無音の擬音「シーン」発明はホント

 この話についてメモ。
 ポイントは「しん」という擬態語というか擬音語というか、その発生ではなく、「無音の状態に『しん』という音が聞こえる」という事を具体的に表現したのは誰かてなことなんじゃないのかなあ、と思ったのです。

 そこでこれ。
「いや今、あんまり静かだから」
「それはこちらが何も仰しゃらないからよ」
「そうじゃない、この家の外が静かなのさ」
「本当ね、しんとしているわね」
「しんと云う音が聞こえるだろう」
「あら、そんな音は聞こえやしないわ。何も聞こえないから、しんとしているのじゃないの」
「僕には聞こえるんだがなあ」
 私はたて続けに二、三杯酒を飲んだ。
 これじゃないのかなあ。違うかなあ。

※内田百間の間(ケン)は、正しくは門の中に月。
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
過去ログ