2009年02月18日

アサシンの語源はハシシという話

 英語で暗殺者を意味する「アサシン」の語源が、大麻樹脂=ハシシであるというのは有名な話ですね。
 暗殺者養成所みたいなところがあるわけですよ。そこへ、どこからか若者をさらってくるわけですね。
 で、ハシシを使って立派な暗殺者に育て上げる。

 大麻というのは麻のことです。これをまくと、やがて芽が出てくる。
 その芽の上を、毎日、若者にジャンプさせるわけです。
 一日目二日目は発芽したてなんだから、そりゃすぐに飛び越せます。しかし麻というのは成長が早い。あっという間に30センチ、50センチの高さになる。
 それを毎日ジャンプさせられるわけですから、若者はやがて、高いジャンプ力を身につける。なんたって背丈を超すほどの高さにまで伸びるするわけですからな、麻というのは。
 そうやって見事な身体能力を得て、立派な暗殺者として成長するわけです。
 これがアサシンの語源になっとるわけです。

 という冗談を思いついたんですが、「その筋」にある程度明るい人にしか受けない冗談だと思うので、誰かに話す予定はない。
 本当の語源については各自調べてください。
 最も多く見られるのが「大麻を吸って暗殺を実行した」というものだけれど、これはいかにもガセだ。覚醒剤ならまだ分かるが、マリファナ吸ってラリってて計画の遂行なんて出来るのか。嘘くさい。
 そもそもハシシがアサシンの語源だという説自体、確実なものではないらしい。

 そういえば僕はこういう「全くでたらめだけど説得力のある話」が好きなんだけど、最近こういう話を人にしてないな。


この記事へのコメント
忍者が飛び越える話は本当かもしれませんが、アサシンは無理ですね。常用していたら確実に運動能力落ちますし。(だいたい、キマっていたら指令を覚えていられないっぽいです・・・)

煙を忍術に使っていた・・・なんてのは夢があっていいかも。
Posted by エムエム at 2009年02月19日 15:59
■エムエムさま
 私も人のことは言えないのですが、ドラッグに関してはなんか世間では色々誤解されてるんだろうなあ、と思います。
Posted by LSTY at 2009年03月03日 14:41
ハシシ→ ハサシン→ アサシン
アサシンはかなりの言語で死を意味する言葉になった
Posted by A at 2017年09月03日 15:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。