2009年01月19日

スクリティー・ポリティーで思い出した

Another Boogies — [思い出のアルバム] Scritti Politti "Provision"
 僕が洋楽を聴き始めたのは中学1年か2年の頃で、初めて買ったレコードは「ラストエンペラー」の主題曲と、アメリカの女性アイドルティファニーの7インチだった。
 ラストエンペラーの公開は1987年ということだから、既に20年以上前になる。

 当時、NHK-FMで毎日夜9時から放送されていた音楽番組を聴いていて、その中の一つが洋楽に特化した番組だったと思う。
 DJはヒロ寺平とグレースという二人組で、ほかの曜日については全然覚えていないが、この二人についてはよく覚えている。ヒロ寺平という人は当時スクリティー・ポリティーを贔屓にしていたらしく、その対象としてペットショップボーイズの悪口を言ったりしていた。
 考えてみれば、僕にとって「機械のビート」との本格的な出会いはスクリティー・ポリティーだったのかもしれない。YMOを聴き始めるのは、その3年後くらいになる。
 今では信じられないが、中学生の頃の僕はデーモン小暮とキング・クリムゾンが大好きだった。
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112841183
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。