2005年12月27日

そりゃただのコンプレックスなのだが

 僕は英語が不得意なので(高校の時は赤点ばかり取っていた)コンプレックスを持っている。だからこそ思うんだけど、日本語で書けることを横文字で書きたがる人って、何なんだろうか?
 と、今日もこの記事を読んで思った。

瀬尾佳美BLOG: 温泉情報の価値

 記事自体は面白いと思う(尻切れトンボだとは思うけど)プラシーボ効果のようなものを、その結果からあえて肯定して、じゃあ、どうしましょう?という話だ。

 でも気に入らないのが「Substantial な違い」なんていう書き方。その後に出てくる「実際的な差」との違いは何なんだ。同じだろう。だったらかっこつけて横文字にするなよ、わかりにくくなるだけじゃないか。
 僕には、こういう人の神経が分からない。「こんな単語は知ってて当たり前」と言うことなのだろうか。「こんな言葉も知らない奴は読むな」ということか、それならそれで、立派な姿勢だとは思うが、しかし不親切だとは思う


この記事へのコメント
英語しゃべりたいっすなぁ(;゚д゚)ァ....
Posted by ゴウキング at 2005年12月27日 17:09
温泉っていいですよね
身も心も癒されますよね
特に年末の疲れをとりたいですよね
私もなかなかいけないんですが、
正月などゆっくり入りたいです
いろんな温泉に行かれていると思いますが
自慢の温泉とエピソードをよかったら教えてください
年末ももう少しですね
いい年を向かえてください
ぜひ遊びにきてくださいね
Posted by なお at 2005年12月27日 17:13
スパムコメントか、、、どこから調べてくるんだろう。「新しくできたブログ」から検索してくるのかな。
Posted by LSTY at 2005年12月27日 17:52
文章表現で「相手を選ぶ」ことをやってるってパターンは、あるよね、って思う。
意識してるのかしてないのか。
まあ、日本語で表現できるものを横文字で、特にアルファベットで並べられると、ちょっと「けっ」って思うこた〜、ある。

ヒミツなんだけどさ。
ネットの主体は30代以前の世代って意識があるもんだから、「コレ言ってもニュアンス通じるんだろうか…」とコッソリ思うことがある’60年代前半生まれ…。
でも、ネットにかじりついてる♂は、知識ジジ臭いのが多いので、なんとかなる場合が多いと思う。
Posted by Sピー at 2005年12月27日 17:55
■Sピーさま
>ネットにかじりついてる♂は、知識ジジ臭いのが多いので、

 そうなんですかね。おたく=歴史とか掘り下げるのが好き、だからでしょうか。
 でも、なんていうか、ブログ周りでもそうだけど、渋い人って少ないですよね。アニメとかは詳しいんだけど、「ダウンタウン以前のお笑い」とか全然通じない。
 そういうのが不満。
Posted by LSTY at 2005年12月28日 09:16
小学生のときにキャッツ見に行ってた男の子が「アキラ4」ってのはジジ臭い、あ、いやちがった「シブい」。
でもって、そこからちょびっと年齢足したリエが、はてなのIDの語源にコント55号を持ってきてるのもジジ臭い、あ、いやちがったシブい。
えっけん氏に至っては、トニー谷をもってくるし、まいる。
こうなったら、巡回先の誰かに「底抜け脱線ゲーム」でも語って欲しい。(Kenさんはダメ)
Posted by Sピー at 2005年12月28日 14:14
僕は大瀧詠一って好きじゃないんだけど、

「ジスイズミスタートニー谷」(トニー谷ベスト)
「アキラ4」(小林旭コミックソングベスト)
「レッツ・オンド・アゲイン」

この三作は偉大な仕事だと思う。

今日、ギターを持ってるという同僚に、冗談のつもりで「古賀メロディーとか弾くの?」と訊いたら全く通じなかった。
Posted by LSTY at 2005年12月28日 14:24
トニー谷、「あなたのお名前なんて〜の」ってのは、幼少のみぎり、よくネタにして遊んでた。
再び世に出した人はエラいと思う。

>今日、ギターを持ってるという同僚に、冗談のつもりで「古賀メロディーとか弾くの?」と訊いたら全く通じなかった。

くっくっく。
言ってみたキミに、座布団五枚。
それと、東海林太郎ってワードにも、いつかチャレンジして欲しい。
ああ、確か、郷ひろみはデビュー当時、東海林太郎のモノマネをよくやってました。
Posted by Sピー at 2005年12月28日 17:34
そういえばかつて、えっけんさんに「30にしては趣味が老けてる」みたいに言われたことを思いだしたぞ。
Posted by LSTY at 2005年12月29日 09:24
Eはおもちゃネタも持ってくるのでバランスは取れているが、Lは…(以下略)。
Posted by Sピー at 2005年12月29日 10:41
真面目な話、「オタクとの隔絶」には悩んでいるんです、書いたけど。
Posted by LSTY at 2005年12月29日 11:02
『国境の町 東海林太郎とその時代』(北方新社)
が上梓されました。この人の人生はどんなだった
のでしょうか。
Posted by 秋田の人 at 2006年11月18日 08:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。