2005年12月26日

捨てハン

 僕はブログにおける捨てハン(名無しとか、通りすがりとか、その場限りのハンドルネーム)が嫌いで、そういうコメントは大概無視するんだけど、なんか妙に良いことを書いてる人もいる。
 そういうのを見るともったいないなあ、と思う。
 特に反感を買うようなコメントでもないのに「ななし」で投稿している人を見ると、不思議に思う。
 あの人たちは、なぜ「ななし」で投稿するのだろうか?
 それが、彼らにとっては当たり前のことになっているのだろうか?であれば、その「彼ら」とはどんな人なのだろうか?掲示板を主な住み場所にしている人なのか?
 あるいは、単に彼らは「縛られたくない」だけなのだろうか?縛られたり、評価されたり、頼られたりすること自体が苦痛なのかも知れない。
 外国に行った時のように、「自分を知るものは誰もいない所」に行きたいと思っていたりするのだろうか。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。