2008年11月27日

ジョワジョワがジョワジョワだった、別れたい

彼女の作ったオリジナルテープに喜太郎(またはカシオペア)がはいってた

 それくらい良いじゃないか、と思ったけど、確かに良く考えてみるとイヤだ。長く付き合う内にいろいろと「気の合わない部分」が出てくるような気がする。

 てなわけで、私も「ジョワジョワがジョワジョワだった、別れたい」ブームに乗っかり、「彼女が〜だった、別れたい」のパターンをメモしておこう。

・彼女の作ったオリジナルテープに尾崎豊(または長渕剛または甲本ヒロト関連)が入っていた、別れたい…
・彼女の部屋に巨大なトトロのぬいぐるみがあった、別れたい…
・彼女の部屋にラッセンのポスターが貼ってあった、別れたい…
・彼女の家のトイレに相田みつをの額が掛かっていた、別れたい…
・彼女が松本人志の著作を揃えている、別れたい…
・彼女が「はてな匿名ダイアリー」の常連だった、別れたい…
・彼女がなんにでも味の素を入れる、別れたい…
・彼女が爆笑問題の太田に心酔している、別れたい…
・彼女がスピリチュアルだ、別れたい…
・彼女が「大五郎」を愛飲している、別れたい…
・彼女が絵文字を強要する、別れたい…
・彼女がジャージ生活者だった、別れたい…
・彼女が「ほっこり」を連発する、別れたい…
・彼女が「行列の出来る法律相談所」のチャリティーオークションに参加した、別れたい…
・彼女がプロ市民だった、別れたい…
・彼女が志ん生に似てきた、別れたい…

 限りなく湧き出てくるのでこれくらいにしておこう。
 しかし正直に言えば、付き合ってしまえばあまり関係ないものがほとんどだとは思う。が、やっぱりめんどくさいなあ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110266521
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。