2008年10月14日

忘れようとしても思い出せない

「忘れようとしても思い出せない」

 天才バカボンによく出てくるフレーズだ。「賛成の反対なのだ」と同じくナンセンスなフレ−ズとして使われるが、まさにこういう感じを味わっている。

 先日、車に乗っている時にある思いつきをした。シンプルなのだけど、より真理に近いような思いつき。その時にメモしておけば良かったのだけれど、車を運転中だったので「まあ、こんな良い思いつきはめったに忘れないだろう」と思って、メモもしていなかった。

 それを今、思い出せない。「良い思いつきをした」ことはよく覚えている。しかし、その内容が思い出せない。いっそのこと「良い思いつきをした」ことごと、まるまる忘れてしまえば良いのだけれど、それは覚えているからタチが悪い。非常に気になる。
 忘れるなら全部忘れてしまえばストレスがないが、一部だけ覚えているから悩んでしまう。無理に思い出そうとしてイライラする。
 こういうのを「忘れようとしても思い出せない」と言うのだ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。