2008年10月10日

エクセルも意外と非力

 二つのシートに、たてよこで100万件、合計200万件くらいのデータがある。この二つのシートのデータを比較して、相違がある場合、三つ目のシートにその旨と場所を表示する、ということをExcelの式でやろうとした。
 そうするとメモリ不足で止まるのね。
 比較するデータは全て数値で、式は使用していない。比較結果のシートは一面if式。
 この程度で止まるのか。
(ちなみにCPUはセレロンの2.4GHZ、メモリは768MB)

 仕方ないのでマクロでセル一つずつ比較して、相違があれば三つ目のシートに書き込む、という方法にした。
 それで計算すると200万件のデータ照合に1時間半くらいかかる。1分間の処理件数は22,000件、1秒で370件。
 VBAの組み方がマズいとしても、1秒370件は遅くないか?

 なんか、意外と簡単に止まる&意外と遅いものなんだな、と思った。
この記事へのコメント
ボクだったらAccessを使うかなぁ。ExcelのシートをAccessにインポートして、不一致クエリ。

↓このへんが参考になるかも
不一致クエリとは
http://www.sophia-it.com/content/不一致クエリ
moug | 即効テクニック
http://www.moug.net/tech/acopr/0040003.htm
Posted by 赤枕十庵 at 2008年10月10日 20:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107885060
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。