2008年09月11日

最適化せざるを得ないような状況

 Windows95だか98だかの時代には、最適化というのは結構重要な作業で、最適化することでPCの動きが安定化したり高速化したりしたものです。時間がかかるから夜寝る前にやったりして。スクリーンセイバーのせいで中断したりしたんだっけ。

 で、WindowsXPでは最適化の意味は薄れて、こまめにやったって効果はない、ということは経験的に分かっている。ハードディスクの負担を増やすだけだ、という意見も分かる。

 しかし、こんな状態になっていては、気持ち的に最適化せざるを得ないだろう。
 しかも、何度最適化してもこんな状態のままなので、どうも落ち着かない。
この記事へのコメント
Posted by 赤枕十庵 at 2008年09月11日 16:36
■赤枕十庵さん
 何度やっても状況が変わらないので、もう諦めてるんですが、たまに思い出したように最適化してます。
Posted by LSTY at 2008年09月19日 09:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。