2008年08月21日

P-Funkを知らない人がP-Funk聞いたらどう思うんだろう。

 最近車の中でジョージ・クリントンの「コンピューター・ゲームズ」を聴いていて、思った。
 Pファンクというものを全く知らず、聞いたこともない人がこういう音楽を初めて聞いたら、第一印象としてどういう事を感じるんだろうか。
 僕がP-Funkを初めて聴いたのは多分学生の頃で「ファンクの有名なグループ」という情報は知っていたので、まあ「良い音楽なんだろう」という先入観があった。しかしそのあまりにいい加減なテイストというか泥臭さに最初は慣れずに、そんなに好きではなかったように思う。
 いわゆる「ファンク」とも全く違い、ギターロックにも近いような、エレクトロな要素もあり、しかしカテゴライズが非常に難しい「変な音楽」。

Computer Games - George Clinton
Computer Games
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
過去ログ