2008年07月10日

ITメディアのバカ記事に一言

ねとらぼ:「ニコ生」コメントで「ハゲ」と書かれた男性 「面白かった」 - ITmedia News

 実にくだらないと思うんだけど。

 「僕は不特定多数からハゲと言われましたが、僕にとって、それは楽しかった」と言う人がいた、それがどうしたというのだろうか?
 単純に「そういうハゲもいる」という事であって、それが「匿名を笠に着て、他人にハゲと言っていい」つーことじゃねえだろ、馬鹿かお前ら、と思う。

 「僕は中学生の頃いじめられていましたが、僕にとってはそれが友人との関わりであり、楽しかった」と言う人がいたとして、それによっていじめが容認されるのかね?と思う。

 実にくだらない、というか救いようのない馬鹿が多すぎ。
 本当にくだらないんだけど、ITメディアの馬鹿げた印象操作に腹が立ったので書いておく。
この記事へのコメント
どれだけ酷い記事なのか気になって読んでみたが、私が読んだ限り、「匿名性を笠に着て、他人にハゲと言っていい」なんて書いてないように思った。
またそういう意図の記事にも全く思えなかった。ある記事について人それぞれ感想はあるだろう。だから私の意見はあなたとは違う。(故にこれは疑問や意見であってあなたの感想を否定する意図はない。)
それと同じように「ハゲと言われて楽しかった人」もいれば、不快に感じる人も居るだろう。恐らく後者が多いにせよ、今回は前者のような人だったのは事実をではないか。
それやそれについての顛末を伝える事によっていじめを容認した事になるのか。
私はそれよりも、いじめを防ぎつつも技術狩りにもならないようにするのがいかに難しいかを感じた。
私にはあなたの書いた記事が、「ITmediaは馬鹿げた記事を書く」と印象操作しているように感じた。
Posted by 読者 at 2008年07月24日 04:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102566511
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。